SMプレイに願望があったので、命令されて露出の多い格好で出歩いたりしています

SMプレイに願望があったので、命令されて露出の多い格好で出歩いたりしています

いわき市内に住む既婚の女です。9年前に結婚し、現在37歳です。夫とは今も夫婦ですが、もはやお互いに愛情はありません。最初に夫の不倫が発覚し、それ以降も夫婦関係を維持していますが私は夫から謝罪されても許すことができず、結局は自分も不倫をするという選択をしました。夫に対する不満は大小様々なものが以前からありましたが、それも含めて夫婦だと思っていたので我慢していましたが、やはり夫が裏切ったことによって自分が頑張ってきたものがすべて無駄だったと思うようになり、緊張感が途絶えてしまったような状況です。そして、ひとりで出かけたバーで知り合いになった男性と今は大人の関係を持っています。彼と付き合うようになって、もう半年以上が経過しています。彼とは性癖の部分でも気が合いますが、性格の部分でも合うので、これだけの期間過ごしていても嫌な部分は何も見つかりません。そのため、今後もふたりで仲良く過ごしていければと考えています。そして、この彼と私はセックスの中身に関しても同じ意見というか、似た願望を持っていますので、ふたりで会えばそれを楽しみ続けています。

私が以前から試してみたかったのがSMプレイなのですが、彼は私と出会ったときからSMの経験が豊富でしたから、私がその願望を話してからは常に様々な過激なプレイをおこない続けてくれています。当初は会っているときに私を縛り上げたり、縛った状態のまま抱いたり、縛ったまま放置プレイをされたりと、常に目の前には彼がいる状態の中でそうしたプレイをおこなっていましたが、最近はメールや電話で命令を伝えられ、目の前に彼がいないのに恥ずかしい行為をさせられることも増えています。そういう行為をするのは彼にとっても初めてみたいですが、自分が目の前にいないのに私が何でも言うことを聞くことには大きな興奮を抱くそうで、最近はこのパターンで遊ぶのが楽しいみたいです。どんな命令をされるかと言えば、すごく短いスカートを履かされてノーパンで買い物に行かされたり、ショートパンツにピチピチのTシャツを着てノーブラで買い物に出かけたりというような内容です。

彼自身が足フェチでもあって、足フェチの人って足をとにかく露出させたがるので、ミニスカやショートパンツはほぼ必須のアイテムにもなっています。私は彼が足が好きだと知ってからは、自分の足をより魅力的なものにしていこうと足のマッサージなどにも力を入れるようになり、彼もそれを喜んでくれています。結婚してから9年も経過しているので、自分を女として磨き上げようなどという思いはほぼ皆無でしたが、彼に出会ってからはそういう意識も変わって、まるで彼氏ができたての女みたいになっています。今の私は彼が喜んでくれたり、笑顔になったり、興奮してくれるのが何よりの喜びで、そういう意味でもかなり彼に対しては依存している部分があります。彼の存在がなくなったら、今の自分をキープできなくなるような気がしているんです。性的な部分で満たされていることも大きいですが、彼が存在していることの安心感みたいなものも感じていて、なくてはならないものになっています。

ただ、私たちの関係はあくまでも身体のみの関係で、そこには程良い距離感があります。ベタベタしたり慣れあうような関係ではなく、割り切ったものです。お互いのプライベートにも介入しないというルールもあります。そのため、相手に依存していてもそこまで深入りしているわけでもありません。しかし、それでもとても大切な相手になっていて、手放せない存在になっているのです。おそらくそれは向こうも同じだと思います。私というおもちゃをもう手放せなくなっているはずです。私もそういうふうに思わせるべく、できるだけ自分を磨き上げ、彼を喜ばせるための努力をしていますので、そうなっているはずなんです。なので今後もこの割り切った関係のまま、いい関係を築いていけるパートナーになっていくはずです。夫は私が浮気していることなど何ひとつ気づいていないはずですからそれを目指していけるはずです。もちろん、仮に気づかれたとしてもお互いさまなので何も問題はありませんが、気づかれたら嫌味とか言われそうなので、それはそれで面倒なんです。だから、とりあえずは気づかれないようにしながら、今後も彼とのパートナー関係をキープしていき、楽しい人生を過ごしていきます。

福島県の不倫掲示板を確認→